ブログ

不用品回収業者に見積り依頼する方法と費用を安くするコツ

不用品が大量にあると自分で処分するのは、とても大変です。

時間や手間が掛かりうんざりしてしまう人も多いでしょう。

 

そんな時は不用品回収業者へ依頼しましょう。

この記事ではこれから不用品回収業者へ依頼

しようとしている方へ向けて、見積り依頼の

方法や料金安く抑えるポイントを紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

不用品回収業者への見積り方法

見積りイメージ

不用品回収業者に見積りを依頼するには、

現在ではさまざまな方法で受付していると

ころが多くなっています。

 

見積り方法その①電話連絡

 

一般的には電話で直接依頼するのがいいでし

ょう。見積り結果や作業日の空き状況など、

すぐに結果を聞けることです。

 

ただし電話対応の時間が朝から夕方までと限

られていますので、日中に相談や依頼したい

方に向いています。

 

また電話応対が横柄な場合はその業者への依

頼はやめておきましょう。

信頼できる業者であるか、見極めることが出

来るのも電話依頼のメリットでもあります。

 

見積り方法その②メール・Webフォーム

 

時間を気にせずに見積り依頼を申し込めるの

が、メールやWebフォームです。24時間365日

いつでも依頼することが可能です。

 

ただし電話と違い、見積りの返事をすぐに受

けれる事が出来ないのがデメリットです。

 

場合によっては迷惑メールに振り分けられて

しまい、業者から返事が来ないという事もあ

ります。

 

メールで見積依頼を行う際は、あるていど時

間が掛かるというのを念頭に置いて依頼しま

しょう。

 

見積り方法その③LINE

 

最近では公式LINEを活用する方法もありま

す。実際処分する不用品の写真を送付する事

で見積り依頼が手軽にできます。

 

一番良い方法は電話連絡で細かい説明を行い、

そのあとにLINEで写真を送れば、より具体

的で納得のいく見積り依頼ができるでしょう。

 


 

不用品の見積り依頼をする際は、下記を業者

へ伝えましょう。

・品物(例:ソファー、テレビ、冷蔵庫など)

・サイズ(高さ、奥行き、幅)

・数量

 

不用品の数量が約10点以内であれば、電話・

メール・LINEでの概算見積りが可能です。

 

ただ量に限らず訪問して見積り依頼を行いた

い場合は、その旨を業者へ伝えれば訪問見積

りも可能です。

 


 

業者が直接訪問して見積りするケースとは?

 

ゴミ屋敷、断捨離、遺品整理、生前整理、

引越しなどの大量に不用品がある場合には、

訪問しないと正確な見積りを出すことが難し

いので、訪問日時の打ち合わせを行いましょ

う。

 

見積り時間は大体30分~1時間ほどで終わり

ます。買取りも可能な業者だとその場で査定

もしてくれます。

 

見積り条件に納得がいけば、その場で契約も

可能です。また数日以内の返事でも問題ない

としている業者もあります。

 

 

不用品回収業者へ見積りを行う時の注意点

 

不用品回収業者へ見積り依頼する際に、注意

すべきポイントがあります。よりよい業者へ

たどり着くためにはどのような点に気を付け

るべきなのか解説していきます。

 

明確な料金を提示しない業者は避ける

 

「実際に作業してみないと明確な料金が出せ

ない」などと言い料金を提示しない業者がい

ます。

 

こうした業者は作業後に高額な請求をしてく

る悪徳業者である可能性が高いので、依頼は

避けるようにしたほうが賢明です。

 

見積書は細かくチェックする

 

電話や口頭だけではなく、必ず見積書をもら

いましょう。見積書を細かくチェックし不明

な項目があれば確認するようにしましょう。

 

きちんとした説明がなされれば、その業者が

良心的であるかどうかも分かります。逆にあ

いまいな返事をする業者であれば避けた方が

よいでしょう。

 

処分する物を依頼前にきちんと伝える

 

見積りから作業まである程度期間があいてし

まうと物量が増減する可能性があります。

 

そうすると見積り金額のほかに追加料金が発

生してしまいます。そのため回収物を明確に

してから見積り依頼をする事にしましょう。

 

見積りは無料であるのか確認する

 

多くの業者では見積りは無料で行っています

が、中には有料のところもあるので、事前に

確認しておきましょう。

 

見積り後のキャンセル対応について

 

見積り後にキャンセルした場合、業者によっ

てはキャンセル料が掛かる場合もあります。

こちらも事前に確認しておきましょう。

 

 

費用を出来るだけ安くするコツ

 

不用品回収をしてもらう場合、出来るだけ料

金は安く抑えたいですよね。安く・良く・早

くが理想です。ここでは不用品回収業者の料

金を安くするコツを説明していきます。

 

複数社に見積り依頼をする

 

複数の業者から見積りをとれば、不用品回収

業者へ値引き交渉がしやすくなります。

ただし過度な値下げ交渉はサービスの低下に

も繋がりやすくなりますので注意しましょう。

 

また複数といっても大体3社くらいがいいでし

ょう。多すぎると日程調整も大変になりお客様

自身も「これはどこの業者の見積りだった?」

など混乱してしまいます。

 

他社よりも見積り金額が大幅に安かったり、

高すぎたりする場合は悪徳業者である可能性

が高いと言えます。複数社から見積りを取る

事は、悪徳業者を発見しやすくなるメリット

もあります。

 

不用品を分別・まとめておく

 

業者の作業量が減れば、その分支払う料金は

安くなります。出来る限りの分別と運び出し

やすい部屋へまとめておくなど自分で出来そ

うなことはやっておきましょう。

 

天候にもよりますが、不用品を外へ出してお

くと業者の作業時間が短縮されます。ただし

ケガや家財に傷がつく恐れもあるため注意が

必要です。

 

搬出作業を手伝う

 

不用品回収では通常2名での作業が多いです

が、作業を手伝うと1名の派遣で済ませられ

る可能性があります。

 

ただ業者によっては作業を手伝わせてもらえ

ないケースもあるので、事前に確認すること

が必要です。

 

 

まとめ

 

不用品回収業者から見積りする際は、複数社

から見積りをとる。見積書は細かくチェック

し料金は適切かなど、不明な点はきちんと確

認することが必要です。

 

費用を安くすることも、さまざまなポイント

を押さえることが大切です。ほんの少しの心

がけで値段を下げれる可能性もあるため、ぜ

ひ取り入れてみましょう。

 

Share:

Facebook
Twitter

最近の投稿