ブログ

粗大ゴミは無料の不用品回収で回収してもらえる?

「粗大ゴミは無料の不用品回収で回収してもらえる?」
「家電リサイクル法の対象の家電製品が知りたい」

こちらの記事では、粗大ゴミは無料の不用品回収で回収してもらえるのかどうかや、家電リサイクル法の対象の家電製品について詳しく解説します。

粗大ゴミを無料で回収してもらうことはできますが、物によっては無料では回収できないというケースがありますので注意が必要です。

家電リサイクル法の対象の家電製品一覧

  • テレビ(ブラウン管・液晶・プラズマ)
  • 冷蔵庫、冷凍庫
  • エアコン
  • 洗濯機・衣類乾燥機

家電リサイクル法で、対象になっている家電製品の4つを捨て去る際は、一般的に言って「リサイクル料金・収集の運搬料金」を支払うことが求められます。

しかしながら、例外も存在します。一例として、リサイクルショップに買取をして貰ったケースや、不用品回収業者に購入してもらった場合などは、第三者の手に渡っていますのでリサイクル料等を支払う必要がありません。

こういった風に、まだ利用できる物等は、手際よく買い取って貰うことによって、無料で回収してもらってください。地方自治体で粗大ゴミをお手頃価格で処分したい方はクリーンセンターへ直接持ち込むのも良いでしょう。

無料あるいは格安回収で、粗大ごみの処分でトラブルが連続しています。

ここへ来て警察や地方自治体から、たくさんのアナウンスが発生していますが、次に挙げる様な「廃品回収サービス」のトラブルが連続しています。

トラブルの事例

無料で回収すると言っておいたにも関わらず、トラックに積んだ途端、お金を請求された。不用品の回収は無料ではありますが、あとになって別枠で、高い価格帯の運搬費であったり、リサイクル料金を請求された。

不正な不用品回収業者にお気を付けください

皆様あんまりご存じでないかも知れませんが、元を正せば廃棄物処理法におきまして、ご家庭から出てくる不用品を民間事業者が有料で回収するケースでは、一般廃棄物処理業の許可が必要不可欠です。

依頼しようとしている事業者に関しては、許可を得ていますか?その他気をつけなくてはならないのが、「一般廃棄物処理業の許可」と「産業廃棄物処理業の許可」の相違する所です。

回収事業者によっては、ホームページ等を利用して「産業廃棄物処理業の許可」を明言して宣伝している時もありますが、家庭から出てくるごみは対象外になっていて、あとあと問題にならないようにお気をつけ下さい。

なお、一般廃棄物処理業の許可業者に関しては、地方自治体のホームページで公開されている傾向が見られるので、1度チェックしてみると良いかもしれません。

粗大ゴミを無料回収してもらう方法について

不用品回収業者

大型家電等は、不用品回収業者にお願いして、処分してもらうことができます。不用品の回収サービスに関しては、自宅にある不用品をまとめて回収してもらえますので、大型の家電だけに限らずまとめて処分出来るので、回収したいものがたくさんある方にピッタリな方法です。

不用品回収業者等に回収を委託するといった場合の費用に関しては、業者毎には無料でない可能性もあるのでお気をつけください。「人件費・回収費・運搬費」等が全部含まれている定額のパックプランサービスを取り扱っている業者や、買い取りという形式で無料で回収している業者があります

粗大ゴミを無料で回収してもらう方法・条件

不用品回収業者においては、実際のところは「人件費・回収費・運搬費」が必要になってしまいますので、無料で回収してもらうことはほとんど無理です。しかしながら、不用品回収業者で買い取りという形式で回収しているケースでしたら、無料で回収してもらうことができることになります。

回収と言いましても、買取となるので最低限の品質でなければ困難だと思います。先述した通りの条件をクリアしてください。

まとめ

不用品処分なら不用品回収業者がおススメ

必要が無くなってしまった家具・家電・その他の不用品は、どういう風にして処分するのが簡単で、そして負担が掛からないのでしょうか?

家に増加してきてしまった不用品の処分ではありますが、不用品回収業者に委託する事が間違いないでしょう。

不用品の処分方法においては、市であったり地方自治体の回収に出すという方法も勿論のことありますが、この方法の場合には、費用はお得になりますが、自分達で、指定された日に外に出しておかなければならないというようなデメリットが存在します。

いろいろな不用品を処分したい場合、とても手間暇が掛かってしまいますし、マンション・アパートに住んでいるという方の場合には、持ち運ぶことも困難でしょう。しかしながら、不用品回収業者なら、お部屋の中から直接持ち出してもらえる為、有料ではありますが、すぐに不用品を処理することができるのです。

Share:

Facebook
Twitter

最近の投稿