ブログ

ゴミ屋敷清掃、遺品生前整理、不用品回収なら、魔法使い一歩

業界20年の実績以上!不用品回収で【魔法使い一歩】が選ばれる明解料金

不用品回収や粗大ゴミ、引っ越しなど、サービス業を依頼するときに気になるのはやっぱり「料金」ですよね?

何も気にしないで適当に業者に依頼したら、思っていた以上に費用がかかったなんて話もよく耳にします。

そこで今回、ご好評いただいている魔法使い一歩の明解料金について説明させて頂きます。

 

この記事はこんな方におすすめ!■
・後で高額請求されるような業者はイヤ!
・お値段がや手頃な業者に全部任せたい!
・安心できる不用品回収業者を探したい!

1.同じ回収業者でも優良と営業許可未取得がある

 

 

魔法使い一歩は一般廃棄物収集運搬業許可を保有している優良企業です。

 

業者は一般廃棄物収集運搬業許可を保有している優良企業を必ず選んでください。

例えば拡声器等で地域を巡回している不用品回収業者に依頼でもしたら大変なことになります。

地域を循環している業者の多くは営業許可未取得で、「壊れていても構いません」といいながら回収します。

無料だと思ったらお金をしつこくあの手この手で請求し、依頼したことをかなり後悔ます。

そして、しかたなく回収してもらった不用品が不法投棄の業者であることまで多々あり、そのようなことになっていては残念極まりませんよね。

そして、ネットで不用品回収業者を探そうとするとたくさんあって、どこがいいのか迷うと思います。

そこで、料金が明解である不用品回収業者の特徴をお教えします。

不用品回収・生前/遺品整理・解体撤去料金が明解であるポイント

■実例に伴う実績と料金を公表している

■「無料」を多用していない

■公式HP以外の口コミサイトでも料金が公開されている

 

 
料金体系が明解である業者であれば、優良不用品回収業者といえます。
(※ただし、作業が安かろう悪かろうではいけません)
高額請求する不用品回収業者は料金体系はたいていふせてあり、
「まずはご連絡を」
「まずはお見積りを」とお客様の呼び込みばかりで、料金が全く想像できません。無料といいつつも、
「別途お金がかかります」
「それは業務内容には含まれていません」
などと、小出しで請求して、振り返ると予算をだいぶオーバーしてしまったなどならないように気をつけましょう。
 
 
ごみ屋敷・不用品処分・遺品整理・生前整理
処分量 金額
軽トラック「1台」を満載 12,000円
2トントラック「高さ1m」の積載 45,000円
2トントラック「1台」を満載 90,000円
1Rのお部屋 45,000円

※この料金設定はあくまで目安となります。
※価格は物量や品目の状況に前後しますのでお問い合わせください。

〇注意事項
このサービスにハウスクリーニングや特殊清掃は料金に含まれておりません。
対応はもちろん可能です。
別途お見積もりいたします。

魔法使い一歩では料金体系をはっきりと明示しています。


物置解体撤去
処分量 金額
小(3辺の合計 〜400cmまで) 14,000円(税込)/ 個
中(3辺の合計 401〜500cmまで) 18,000円(税込)/ 個
大(3辺の合計 501〜600cmまで) 21,000円(税込)/ 個
特大(3辺の合計 601〜700cmまで) 26,000円(税込)/ 個

1階にあるリユース可能な金属製物置の解体・回収 /

作業場所の簡易清掃

注意すべき高額請求業者

 

不用品回収費は無料ではあるものの、

交通費
運搬料
手数料

このような料金を別途必要とする業者もありますので、すべての料金を必ずチェックする必要があります。

 

2.依頼者視点で話が通じやすいか

 

不用品回収や生前整理、遺品整理などは業者比較するとおおよその相場というものがあります。

ただ、お客様のご依頼にどこまで応えられるかというのはやはり業者各々の考え方の違いから随分違うものです。

同じ不用品回収や廃品回収でも、業者によって仕事に対する知識や力量に大きな差がかなりあります。
お客様のご要望がうまく通るかどうかは、現場の業者スタッフの専門知識や力量によってずいぶんと違い、自分の会社の利益第一主義、都合を押し付けてくるのではなく、依頼者視点で考えられる業者こそ優良企業といえます。

 

 

 

3.希望の日時や内容を依頼しやすい業者か

 

 

料金体系が明瞭、余計な費用がかからない、有名芸能人が公式ホームページでCMしているなら、信用して利用するかもしれません。

ただし、大きなグループのチェーン店のようなところは、料金が明瞭でも、お客様の都合が通りにくいことがあります。

例えばチェーン店で一番多いのが「本当に作業して欲しい日にちは予約が空いていない」といった、希望日が通らないことが多いということです。

組織の一部となっているところは作業時間も作業内容も一律で、

「そこまでで作業終わりなんて・・・」

といったように痒いところに手が届かないことなどもありえます。

依頼してからではキャンセルができなかったり、キャンセル料がかかったりしてしまいますので、作業可能日時や見積もりだけでも必ず依頼してください。

 

まとめ

 

必要以上の費用を支払い、後で後悔するなんてことのないように、かならず公式ホームページで料金を確認し、見積もりは必ず依頼してください。

そしてちょっとでも気になること、お願いしたいことなどがある場合は必ず正式に依頼する前に確認しておきましょう。

 

こちら

Share:

Facebook
Twitter

最近の投稿