ブログ

不用品回収業者と廃品回収業者の違いを徹底解説します。

不用品回収業者と廃品回収業者の違いは何でしょうか?詳しく解説します。

不用品回収業者と廃品回収業者

不用品回収業者と廃品回収業者の双方は法律的には区分されていなくて、環境省も同一視しているのが現在の状況ですが、各々の業者で回収している物の相違点はあります。不用品回収に関しては、廃品回収と比較して幅広い物を回収しておりまして、リサイクル出来ないようなものも回収しております。

不用品回収の定義について

不用品回収業者に関しては、回収した回収品がお金になるかならないかに関係なしに、顧客の要らないものをあれもこれも回収してくれます。しかしながら、廃品回収と比較して「回収可能な物の種類の幅」につきましては広いのが特徴です。

回収することができないものとして、ひとつの例として、地域内のゴミ回収に0円で出せるような生ごみ・ビニールごみ・廃棄に許可がいる産業廃棄物・危険物・医療機器などがあります。

もし、現在回収してもらいたいものがあるケースでは、こちらを考慮して、あらかじめ業者に電話するとどこまで回収してして貰えるかは、ある程度までわかります。

廃品回収の定義について

それとは別に、廃品回収は不用品回収と比較して回収してくれる物の範囲が狭くなっております。

廃品回収においては、リサイクルすることが可能なものをメインとして回収しております。廃品回収につきましては、新聞紙等々の古紙の回収トラックをイメージする人もたくさんいるのではないでしょうか?

これとは別に、段ボール・ビン、缶・壊れていない使用できる家電などを回収しております。

リサイクルが可能になる物と言えば、明確に回収が可能になるものの定義は困難ですが、業者では回収後に売ることによって、お金になるかどうかで回収の可否を決定している傾向も強いです。このため、廃品回収に的を絞っている業者である程、取扱うできる幅が狭くて、リサイクルするのが困難な品目の回収を断るケースがあるようです。

これは回収できるけれども、こちらは出来ないとなると、お願いする側からしましたら、また別の業者を見つけ出して、回収をお願いする必要が出てくるので手間暇がかかりますし、費用も増加してしまいます。

また、回収することができないことによって、業者間でトラブルになるケースもあります。

「0円で廃品を回収します」と軽トラなどで回っている場合でも、家電の年式・使用の感じ次第では、お金が掛かることだってありますし、回収費用が0円でも、出張料がかかることだってあります。

無料の廃品回収を標榜する業者におきましても、正式にお願いする前に、出張料・査定料は掛かってくるのか、使うことが出来るのなら、何でもかんでも無料で廃品回収できるのかどうか、チェックしてみましょう。

ご依頼時の注意事項について

どちらにお願いするにしても、依頼する前に注意しなければいけないポイントがあります。その訳は、こうした不用品回収業者または廃品回収業者とのトラブルがここのところ多くなっているからです。

特によく見掛けるのが、見積もり後に費用を取られる、当日になってから、回収不可と言われる、お金になりそうなものだけ回収される、回収時に壁・家具に傷を付けられたのに補てんしてくれないということです。

料金の加算ですが、これはとりわけ多く見られるようで、顧客獲得の為に見積もり価格を割安にしていたり、見積もりをいい加減していたりする業者でこうしたトラブルが起きるようです。

当日に回収を断る事は、回収当日に至る迄の説明が不十分な事が原因のようです。お金になるものだけの回収ですが、ひとつの例としてエアコン本体のみ回収して、エアコンを止めていた金具・パテは放置ということがあるそうです。

放置されましたら、こちらもまた他の業者にお願いするなり、あなた自身で作業をしなくてはいけないのです。傷の補償ですが、ほとんどの業者では、保険に加入しておりまして、いざという時にでも補てんしてくれます。しかしながら、一部の業者では、保険に加入しておらず、補償費用を支払うのを渋って、元々付いていた傷と主張されて、トラブルになる様です。

不用品回収業者のメリットとは?

不用品回収業者というのは、不用品を回収して、法律に則って廃棄等の処分を行なってくれる業者になります。

回収してもらうモノに価値がなくてもOKです。一部の例外的な物を除いて、どういったモノでも回収してして頂けます。不用品回収業者というのは、都合が良い日時に家まで回収に来てくれます。土日・夜間の回収もお願いできるので、お忙しい人でも安心できるでしょう。自分で不用品を搬出したり、運搬する必要もございません。

回収して欲しいものを指定するのみで良いので、女性や高齢者でもお願いしやすくなっています。不用品回収業者においては、いくつもある不用品をまとめて引き取ってもらうこともできます。あなたがご自身で分別する必要性もないので、ゴミ屋敷の片付けまたは遺品整理などをお願いするのにピッタリです。

Share:

Facebook
Twitter

最近の投稿