ブログ

不用品回収料金を安く抑えるコツためのポイントまとめ。

「不用品回収料金を安く抑えたい」
「不用品回収業者の選び方が知りたい」

こちらの記事では、不用品回収料金を安く抑得る方法や、不用品回収業者の選び方について解説します。

不用品回収料金を安く押えるためのコツ

不用品回収にお願いしたら、スムーズに搬出・運搬・廃棄も対応してもらえるとは言いましても、できる限り費用を抑えたいと思うのが常です。不用品回収をちょっとであろうとも安く押えるために認識してもらいたいコツとは何でしょうか?

不用品回収業者を考えてみる際には、最低限でも3社から相見積りを取ることをおすすめしたいと思います。料金の比較を行なって、安いところを見つけ出すためにも、相見積もりは最も基本的なことと考えておいてください。

しかしながら、相場からあまりにも安すぎる業者さんに関しては、避けた方が良いと言えます。過度に安い業者だと、サービスの質が悪かったり、後で追加料金の発生等といったトラブルが出てくる可能性もあります。

買取して貰えそうなものは整理しておく

不用品回収料金を引き下げるのに、大きく影響を及ぼすのが買取金額の高さになります。回収料金の算定で、買取金額を差し引いてくれますので、できる限り買取してもらえそうなものは、整理しておくように前もって準備をしておいてください。

製造から5年以内の電化製品について

取扱説明書や箱も準備しておく

仮に買取で値段がつかないケースであっても、業者次第で無料で回収をしてくれるケースもあります。買取サービスも一緒にしている不用品回収業者を検討することをおすすめしたいと思います。

不用品の分別と袋づめを済ませておく

不用品の種類であったり、数が多いケースでは、できる限り分別をして、袋詰めをすることにより、不用品回収会社の労力・時間を短縮可能で、時間による人件費を軽減できます。

素材により、仕分けを行う様に意識をしておくことによって、不用品の仕分けが進み易くなりますので参考にしてみることをお勧めします。

回収で出せる物については出しておく

不用品回収をする時まで、時間がある方に関しては、地方自治体で回収を出来る範囲で計画的に出すようにするのもコツになります。具体的に言うと、布団・毛布等の寝具でも指定の可燃ごみに入るサイズに裁断することによって、可燃ごみとして出せることになって節約に結び付きます。

屋外に出しておく

運べる物は、屋外に出しておくだけでも、不用品回収の作業時間の短縮にも役立つでしょう。開始時より屋外への運び出しを行なっていても、生活に影響が無いものであれば、運び出しておいた方が良いです。

万が一にも、屋外まで運ぶのは困難であるというケースでは、2階にあるものを1階まで降ろしておくのみであっても、階段料金の発生が無くなるので安くできるでしょう。また、すでに屋外に出しておりますと、不用品の回収業者に伝えることも重要です。

作業の当日に手伝いをする

大きくて取扱いがしにくいものや、重量のあるものは、スタッフが2名以上必要です。分かりやすく言うと、不用品の中に大型で重いものが1点でもあるなら、スタッフ2名の人件費が生じることになります。当日あなた自身が手伝える物に関しては、できる範囲で手を出すようにするのも、安く押えるコツになるのです。

オプションをできる範囲で避ける

不用品回収の料金には、特別な手間であったり、作業がプラスされるとオプション料金を付加されます。メインのオプションとしては、階段料金・解体料金があります。例えば、2階にあるベッドであったり、デスクを全て業者にお願いすると、こうしたオプション料金が必要になってしまいますので、組み立てで出来ているものは、あなたがご自身で解体にチャレンジしてすることをお勧めします。

不用品回収業者の選び方

不用品回収業者にお願いする上で、一際悩んでしまうのが、果してどちらの業者にお願いすれば良いのかという点ではないかと思います。

チラシ・ホームページで対比させながら、業者のメリットを見つけ出そうとしてて、高額買取・即日処分可能などといったキャッチフレーズは、ほとんどの場合どこでも書いているものです。

そういう中で、失敗しない業者選びをしている方に関しては、いろんなポイントに絞り込んで慎重にセレクトしています。特に重要なのは、リサイクル品であったり、不用品を取り扱うのに次に示すような資格を取得しているかどうかといった点です。

一般廃棄物収集運搬業許可

家庭から出た不用品を、有料で回収して運搬するための許可で、不用品の買い取りサービスを行うケースでは、次に挙げる資格が必要不可欠です。

古物商許可

1度使用したものを買い取って、修理したり、再販して報酬を得る為の許可になります。

上記のような許可証を持たないまま、不法に営業している業者もたくさん見受けられます。そういうような業者とトラブルが発生しないためにも、業者を選択する際は、上記で述べたような許可証を取得しているかどうであるのかを。事前にチェックしておいてください。

Share:

Facebook
Twitter

最近の投稿