ブログ

不用品回収の流れをまとめました。廃品回収と不用品回収の違いとは?

この記事を読んで欲しい人

・不用品回収の流れが知りたい
・不用品回収とは何かについて知りたい人
・廃品回収と不用品回収の違いについて知りたい人

一般的な不用品回収の流れについて

無料の出張見積もり

お客様から、具体的な不用品の量・種類・ご自宅の周りの環境などをお伺いした後に、お電話にて概算の回収料金をお伝えすることもできます。

不用品・粗大ごみが膨大にある、あるいはどれ位あるかわからない場合、担当者が出張費無料で直接的にご自宅へ行って、現地で不用品の回収費用を見積もりをします。
次へ

不用品の回収作業、搬出

不用品回収業者がご提示したお見積りにご納得頂けましたら、お客様にご指定頂いた日時に、スタッフが隈なく不用品の回収をします。

お見積り当日の回収もできます。

回収代金のお支払い

不用品回収が終わった後、お客様に最終チェックをしていただいて、何も問題がなければ不用品回収金額をスタッフにお支払いいただいて終了になります。

不用品回収とは何?

不用品回収というのは、「ごみや不用品を回収してくれるサービス」になります。紙・お菓子の缶等は、分別して「可燃ごみや資源ごみ」として出せますが、大型の家具であったり、家電製品は分別に困ってしまう人もたくさんいるでしょう。こうした地方自治体で回収することが難しい物でも、引き取ってもらえるのが不用品回収の特質です。

重量感のあるものまたは運び出しづらい物でも、おウチで待っているだけで処分してもらうことができますので、女性や高齢の方も使い勝手の良いサービスになります。

不用品回収のよくある質問

郵便受けにチラシが入っていたり、TVコマーシャルで不用品回収の広告を見掛ける割合も高いでしょう。こうした不用品回収サービスがあることは知っていても、使ったことがない人にとっては不安もあると言えます。そういう訳で、不用品回収に関してのよくある質問についてご紹介していきます。

不用品回収の相場について

一番関心が持たれるのが不用品回収の費用だと思われます。不用品回収に関しては、何回も使用するサービスではありませんので、相場があまりわからない人もたくさんいるはずです。知らずにお願いした業者が割高だったということがないように相場感を確認しておいてください。

  • 軽トラック:10,000円〜18,000円
  • 2トントラック:30,000円〜40,000円

実際的には回収する不用品の量や大きさによって費用がバラバラで、用いるトラックによって相場が異なっています。

廃品回収と不用品回収の異なる点は?

不用品回収と同じ様な言葉に廃品回収が存在します。文字の内容からしたら、不用品と廃品の違いになるのですが、一体何が異なるのでしょうか?一体全体こちらの2つに法的な区別はございませんが、一般的に考えて回収対象が異なるとされています。廃品回収が出来るものは、換金できるものになります。具体的に言えば、古紙であったり、ダンボール・缶・瓶等々のリサイクルが可能になるもの。動作の確認をすることが可能な家電も、廃品回収の対象品目に含まれております。

しかしながら、不用品回収においては、換金できるもの並びに換金できないものも回収できます。換金のあるか否かによって回収するのではなしに、利用できなくなった家具や家電に関しても、その名の通り不用になったものを回収してくれることになります。このため、不用品回収業者の方が対象品目が多くあるのが大きな相違点です。

どういった物を回収してくれる?

たった今解説を行ったように、不用品回収においては、廃品回収と比較しますと広範囲に及ぶ不用品を回収してくれることになります。具体的に言えば、テレビ・冷蔵庫等といった電化製品または大型家具、車両等々の大きな不用品等も、回収してもらうことができます。

大型の家具に関しては、粗大ごみという形で地方自治体で引き取ってくれますが、事前に電話をかけたり、手数料を払ったりと手続きに手間暇がかかります。

大型の家具を玄関先に出す作業も、力仕事になるので手間がかかります。その他、粗大ごみの回収日に関しては、月に1回くらいの地方自治体がたくさんあり、それまで自宅で保管しなければならないのです。

日常的なごみとして捨てられないものに関しては、申請手続きなどがとても時間がかかります。こうした粗大ごみだけに限らず、身近なものから処分に困ってしまっているものまで広範囲にわたって対応してくれます。

無料の不用品回収に注意しましょう

無料で不用品を回収しますというような広告を見たり、無料の不用品回収車になりますという車のアナウンスを聞いたことがある人もたくさんいるでしょう。その中には、市町村の職員を名乗って、不用品回収の電話をしている業者も見受けられます。無料なら良いかもと、ついついお願いをしてみたくなりますが気をつける必要があります。

無許可の業者による廃棄物の回収は違法で、無料と言っている業者の中には、許可を受けていないケースがあります。不法投棄されたり、その後にお金を請求をされてトラブルが起きるケースがあるのでお気を付けください。トラブルが発生しないようにするためにも、口コミまたは実績から信用できる業者を選ぶことが重要です。

Share:

Facebook
Twitter

最近の投稿