ブログ

テレビを処分するには、不用品回収を利用するのがおすすめです。

テレビを処分するには、不用品回収を利用するのがおすすめです。

テレビは粗大ごみで出ることが出来る?

ササっと、可能であるなら0円で処分したい。テレビに関しては、家電リサイクル法の対象製品になっていて、地方自治体の粗大ごみ回収では処分が行なえません。

さらに、家電リサイクル法の対象製品の処分においては、基本的にリサイクル料金が掛かります。では、お得に処分することは出来ないのでは?と感じられるかも知れないのですが、そんなことはありません。

地方自治体の粗大ごみで、回収してもらえないとは言え、処分方法はいくつかあり、その中には簡単に処分できる方法から、安い値段で処分できる方法もあります。

テレビを処分する方法一覧

不用品の回収業者にお願いをする

費用が必要になりますが、一番手軽で時間の掛からないのが不用品回収になります。

不要になったものを引き取ってくれる、不用品回収業者にお願いするのもひとつの方法です。業者によってはリサイクルリユースの販路が存在しますので、他のところでは買い取りを断られるブラウン管テレビでも、引き取ってもらえるかも知れません。

ほとんどの不用品回収業者に関しては、法律を遵守して営業を行っていますが、その中には違法な営業を行なっている悪徳業者もあります。万が一にも悪徳な業者に処分をお願いした場合、依頼した側も処罰の対象になるケースがあります。経済産業省でも注意を喚起していますので、お気を付け下さい。

指定の引取場所に持ち込む

指定引取場所にテレビを持ち込むケースでは、リサイクル券が必要不可欠です。郵便局の窓口で家電リサイクル券を受け取りますが、メーカー名・画面のサイズの記入が不可欠です。必要事項を記入した後に、郵便局の窓口でリサイクル料金を払います。

料金の支払いには、「振り込み手数料」が必要ですのでお気を付け下さい。詳細は、事前に郵便局に問い合わせをしましょう。手続きが完了しましたら、リサイクル券と不要になったテレビを指定引取場所に持ち込みます。

リサイクルショップに売る

それなりに状態の良いテレビとしては、リサイクルショップが買い取りに応じてくれるケースがあります。買い取り金額につきましては、期待できませんが、処分費用が要らなくなるのはメリットです。お店にテレビを持ち込み、査定をお願いしますが、引き取りを行っているショップもありますので、事前に相談してみることをおすすめします。

フリーマーケット・オークションに出品をする

フリーマーケット・オークションであるのなら、古くて動かないテレビでも部品取りとして売れます。ここのところは希少価値の高いブラウン管テレビではありますが、マニアが欲しがるだけに限らず、ドラマの小道具としてのニーズもあるのです。

しかしながら、出品するための手続きがありますので、パソコンが不得意な人にとってはハードルが高いかも知れません。

家電販売店にお願いする

たくさんの家電量販店では、新しいテレビの購入と引き換えに、古いテレビの引き取りを行なっていまして、TVコマーシャルやチラシで宣伝しております。また、古いテレビの下取りを前提条件として購入するテレビのディスカウントをしているお店もかなりあります。

家電量販店だけじゃなく、テレビショッピング等でも同一のサービスを繰り広げています。しかしながら、引き取りサービスを行っていないお店に、別のお店と一緒のサービスを強要することがないようにしましょう。

不用品回収業者を利用するメリットとデメリット

テレビの回収を不用品回収業者にお願いした場合、どの様なメリットとデメリットがあるのでしょうか?こちらでは、不用品回収業者を使用する場合のメリットとデメリットを解説していきます。

メリット

不用品回収業者なら、一番早くてその日の回収ができます。また、状況次第では深夜・早朝に対応してもらえるケースもあります。今すぐ回収をお願いしたい人またはあわただしい人でも、あなた自身の都合にあわせて回収をお願いできます。また、業者には買取サービスだけじゃなく、遺品整理・ハウスクリーニングまで対応してもらえて便利です。テレビ以外の大型家電も一まとめにして処分できるでしょう。

デメリット

不用品回収業者に回収をお願いした場合の費用に関しては、その他の処分方法と比べますと割高になっています。一方で、買取に対応している業者であれば料金を押さえられるケースもあります。

また、不用品回収業者を名乗る業者のその中には、悪徳なところもあります。最初の内は無料といっておいたにも関わらず、あとになって一部に料金が必要になると高額な価格を請求されるケースがあります。また、回収した製品をきちんと処分しないで、不法投棄する業者もあるため、気をつける必要があります。

Share:

Facebook
Twitter

最近の投稿